WordPress バージョン5.0「こんにちは、新しいエディターです」って…。これですぐに元の編集画面に戻せます!

投稿日:

ブログやサイトをWordPressで運営している方は多いと思います。

定期的にプログラムのバージョンアップのお知らせがありますが、毎回深く考えずに更新ボタンをポチっとして済ませています。

しかし今回のバージョンアップはヤバ過ぎです。

今回のバージョン 「5.0–ja」にして焦った方は是非ご覧下さい。



1. 何気なくしてる、ワードプレスのプログラムバージョンアップ

ワードプレスにログインすると、こんなバージョンアップのお知らせが来ていることがあります。

この部分でも更新の必要があるプログラムの存在をお知らせしてくれます。

更新マークの隣の数字は対象プログラムの数ですね。

ワードプレス本体以外にプラグインの更新があることもお知らせしてくれます。

最初は恐る恐るしていたプログラム更新も最近はあまり深く考えずにポチっとすることとが多いです。

定期的にデータのバックアップもしているので、プログラムのバージョンアップ時にわざわざバックアップを手動で取ることもしなくなっていました。

2. 新しいエディターの登場

そして今回もいつもの通り、ポチっとしたところ、びっくりです。

2-1. 何これ?バグった?

いきなり、「こんにちは!」って言われても…。

焦りました。

編集画面が全然違って、一瞬バグったのかと思いました。

2-2. メニューはどこ行った?

新しいエディターは旧来のものと同様に「ビジュアルエディター画面」「コードエディター画面」の2種類の編集画面が用意されています。

冒頭にご紹介したシンプルな編集画面は「ビジュアルエディター画面」です。

そして、「コードエディター画面」は下の画像となります。

私が最も気に入っているプラグインAddQuicktagで、編集作業の効率化が図れてすっかり気を良くして矢先にこれです。

「丹精込めて追加してきた私のQuicktagはどこに行った?」

そんな感じです。

この編集画面を返して!

そんな気持ちでいっぱいになりました。

3. 戻す方法はいたってシンプル

プラグインを入れれば、「全体としては最新バージョンながら編集画面は旧式のまま」で利用可能です。

3-1. その名は「Classic Editor」

プラグインは「Classic Editor」

そのまんまの名前です。

3-2. 実は公式にも利用を勧めているプラグイン

良く見るとこんなことが書いてあります。


親しみのあるクラシックエディターを使い続けたいですか?ご心配なく!WordPressによるClassic Edhitorプラグインのサポートは、2021年まで続きます。

Classic Editorプラグインは以前のWordPressエディターと投稿編集画面をリストアします。これにより、拡張があるプラグイン、古いスタイルのメタボックスの追加など、以前のエディターに依存したものを使い続けることが出来ます。インストールするには、プラグインページを訪問し「Classic Edhitor」の隣にある「今すぐインストール」ボタンをクリックします。プラグインのインストールが終わったら「有効化」をクリックします。たったこれだけです!

アシスティブ・テクノロジーを利用中の方へ:ブロックエディターで、編集にユーザビリティの問題が発生した場合、クラシックエディターの利用を継続することをおすすめします。

出典:ワードプレス/バージョン5.0–ja 更新後画面

実は、更新作業した後に上の画面が表示されて、下の部分にある『Classic Editorをインストール』をクリックすれば簡単にプラグインをインストールできます。

公式にクラシックエディターの利用を勧めているんですね。

(だったら、更新させる前に「ちょっと待って!」ぐらい表示させてもいいのに…)

3-3. プラグインはバージョンを戻すわけではない

尚、この「Classic Editor」はワードプレスのバージョンを戻しているわけではありません。

あくまでも「編集画面と機能を昔に戻しているだけ」なんですね。

ですから基本的には最新のバージョン5.0になっているのです。

4. 簡単に新しいエディターについてご紹介

それでは簡単に新しいエディターをご紹介しておきましょう。

画面右側には従来とはちょっと異なりますが、各種メニューがあります。

パーマリンクやアイキャッチ画像の設定等、右側にメニューが集約されています。

そして一番上にある「3つの点」をクリックします。

表示設定やツール、エディター画面の切り替え等ができるようになっています。

新しいエディターでは「ブロック」という概念を取り入れて、レイアウトをブロック単位で編集できるようになりますが、私はいきなりこの編集方法への移行は時期尚早と捉えて当分はクラシックエディターで編集しようと思います。

何といっても、AddQuicktagの恩恵を一度受けてしまうと、なかなか手放せません。

2021年までは少なくともサポートしてくれる見込みの様ですので、ワードプレス・バージョン5.0はもう少し世の中の先駆者の様々なご報告を受けてから徐々に導入を検討したいと思います。



記事を最後までご覧下さりありがとうございます。

【お知らせ】
家族ブログ、始めました!
妻が闘病している「CTEPH:慢性血栓塞栓性肺高血圧症」という難病がメインテーマのブログですが、私も共同執筆者として参加しています。
娘も執筆者として加わり家族ブログとして運営しております。
こちらも是非ご覧下さい。
よろしくお願いします(^^)/

-ブログ運営


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ワードプレス スマホアプリでブログ記事更新も簡単作業

ワードプレスでブログ記事を書くようになって、記事を書く時の精神的なハードルが下がった気がします。 以前の通勤の電車の車中は暇つぶしのネットサーフィンの時間でしたが、スマホアプリでの記事の執筆もとても便 …

「ワードプレス」ってスゴイ! ブログを書き上げるまでのストレスが無くなった!

ワードプレスってやっぱり便利!! ワードプレスの存在は知っていましたが、こんなにもラクチンだなんて、想像できませんでした。 初期設定などが面倒なワードプレスですが、それさえ乗り越えればホントに手間いら …

「独自ドメイン取得のタイミングを誤った!」慎重にしたいブログ開始時期

レンタルサーバーを借りて独自ドメインを取得してワードプレスで今正にブログを開設したてでこうして記事を書いているわけですが、かなり後悔しています。 と言っても、独自ドメインでブログを始めた事を悔やんでい …

ITが苦手な甘ちゃんブロガーが無料ブログから『独自ドメイン』ブログで開花する過程を伝えたい!

「無料ブログはどうしてもカスタマイズなどの制約が多いなぁ。もう少し自分流のアレンジをしたいのに。」 「レンタルサーバーを立ち上げてみたいけど、知識がないからうまくいくか不安。」 無料ブログを利用してい …

何故無料ブログではダメだと思ったのか?私が独自ドメインを取得した理由

ITが苦手な甘ちゃんブロガーが無料ブログから『独自ドメイン』ブログで開花する過程を伝えたい! SHARE-NOTE しかしながら幾つかの理由により敢えてお金がかかるレンタルサーバーを借りて、 …

ブログ内検索

最新記事




最新の記事はコチラから