バルーンカテーテル手術を控えての一時退院 心不全は少し回復

スポンサーリンク

前回の記事でご紹介した相棒・携帯用酸素ボンベといよいよ退院です。

1. 一時退院

心不全もだいぶ改善したので退院の許可がおりました。

2週間の入院生活でしたが、2泊3日の検査のつもりで入院したのでとても長く感じました。

ただ、退院を手放しでは喜べません。

「手術を早めにやった方が良いでしょう」

と言うことで、10日後にまた入院することが決まったからです。

とは言え、家に帰れることは勿論、天敵、いや点滴の針の痛みから解放されることは本当に嬉しいことです。

退院の日、手首に巻いていた本人確認用のネームバンドを看護師さんに外してもらいました。

その瞬間、釈放された囚人のように(経験はありませんよ)自由になれた気がしました。

気分爽快でした。

そして、入院荷物をまとめて病室を出る時、ついに<携帯用の酸素ボンベ>デビューを果たしました。

これでどこから見ても『一目で病人』と分かってもらえそうです。

病院の外に出た時、久しぶりに外の空気に触れ、思わず深呼吸をしました。

「あーやっぱりシャバの空気は美味しいなー」

あっ違う違う?

私が吸ったのシャバじゃなくて酸素ボンベの空気でした。

(^_^;)

2. 久しぶりの我が家

自宅に着くと酸素供給器とご対面。

携帯用のカニューラを外し、今度は酸素供給器のカニューラを鼻につけて過ごすことになりました。

退院後、生活面の制限は

  • 階段禁止
  • 家事も禁止

これじゃあ主婦は何も出来ません。

主人にも子供達にも申し訳なく思います。

3. 治療のモチベーションが上がった

そんな私に「お母さんは居てくれるだけでいいから」なんて言ってくれて、主人・子供達・お義母さん・お義父さんが色々な形で私をサーポートしてくれました。

本当に有難いし、皆の恩に報いるためにも少しでも健康に近づきたいと、治療に対するモチベーションが上がりました

その時のHaruの記事を見てみる
この記事は2014年8月1日に書かれたものをブログ引っ越しを機にリライトしたものです。記事中の時系列も記事執筆当時のものになっています。
タイトルとURLをコピーしました