『肺血流シンチ検査』を受けて来た!!

前回の記事では私が服用しているワーファリンについてお伝えしました。

今回は術後の検査・『肺血流シンチ』についてお伝えします。

1. 『肺血流シンチ検査』を受けに大学病院へ

1回目・2回目のバルーンカテーテル手術を終えてからの私には以下の予定が控えています。

  • 4ヶ月後に<肺血流シンチ検査>
  • 5ヶ月後に3回目・4回目のバルーンカテーテル手術

1回目・2回目のバルーンカテーテル手術の様子は以下の記事をご参照下さい。

その<肺血流シンチ検査>の日がやって来たので、久しぶりに大学病院に行って来ました。

主人が休みを取ってくれて病院まで送迎してくれました。

ありがたや~

2. 『肺血流シンチ検査』とは?

私はこの検査を受けるのは2回目になります。

1回目はこの病気の確定診断の時に受けた時。

肺血流シンチ検査ではまず『放射性物質(放射性同位元素)を含む薬』を腕の静脈に注射します。

放射性物質を体の中に入れる、なんて聞くと「大丈夫なんだろうか?」と心配になってしまいますが…

そもそも人間は自然界からも放射線を浴びていますし、この検査ではごく微量、身体には害にならない量を使用するので心配はないそうです。

副作用の頻度も、造影剤(CTやMRIで使う)よりも低く安全性は確立されているといいます。

注射の後は20~30分、検査台に仰向けに寝るだけです。

私の体の中に入った『放射性物質を含んだ薬』は、骨や臓器に集まって放射線を発します

検査台に横たわる私を囲むように検査機材があり、特殊なカメラで放射線を捉え画像にします。

それによって病気が存在するかどうかの診断や、機能診断をしてもらえます。

私の場合は<肺血流>の検査ですが、それ以外にも骨・骨以外の全身・脳血流・心臓・消化器・肝臓・腎臓(副腎)・甲状腺(副甲状腺)などの検査で行われています。

そう言えば大分前になりますが、私の父が脳の病気になった時、脳の血流を調べましょうと言われてやったのが<脳血流>シンチ検査でした。

私の父の病気のことは以下の記事をご覧ください

Coming Soon!

3. 私の『肺血流シンチ検査』の結果は…

<肺血流シンチ検査>後、大学病院での主治医・C医師から検査結果を伝えられました。

バルーンカテーテル手術の効果が出てきていて、検査でも血流の改善が認められました。

「自覚症状も改善されているようだし、追加のバルーンカテーテル手術はあと1回~2回で済むでしょう。」

「運が良ければ在宅酸素療法もしなくて済むかもしれないですね。」

とのことでした。

順調に回復していることにとても安心しました。

嬉しかった。

予定通り、翌月に3回目・4回目のバルーンカテーテル手術を行なうことをC医師と確認。

入院の予約室で手続きを済ませ、帰宅しました。

私の気持ちはもう来月のバルーンカテーテル手術に向かっていました。

「よしっ!!あと2回頑張ろう。」

「今より更に良くなって、在宅酸素が取れて、普通に呼吸が出来るようになってみせる。」

「そして長生きしてやるんだー!」

と希望に満ち溢れていました。

この記事は2014年8月25に書かれたものをブログ引っ越しを機にリライトしたものです。記事中の時系列も記事執筆当時のものになっています。
スポンサーリンク
【中古】キングダム <1-70巻セット> / 原泰久(コミックセット)
created by Rinker
¥31,048 (2024/05/30 16:43:27時点 楽天市場調べ-詳細)
インボイス ゴム印 登録番号 スタンプ 法人番号 インボイス番号 ハンコ はんこ 印鑑
created by Rinker
¥680 (2024/05/30 19:19:50時点 楽天市場調べ-詳細)
【中古】東京・横田基地 / 「東京・横田基地」編集委員会 / 連合出版
created by Rinker
¥1,800 (2024/05/30 20:42:46時点 楽天市場調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました